害虫の存在

虫は数多くの種類がいますが、その中でも人体や建物自体に悪影響を与えてしまう虫もいます。そこで害虫として知られる南京虫やシロアリについて注目していきましょう。

シロアリや南京虫などの害虫について調べよう

困る人

南京虫(トコジラミ)

有名な害虫である南京虫とは他の生物の血を好む寄生昆虫で5ミリ~8ミリほどの大きさになります。南京虫が室内で発生すると、全身を指されてしまい強烈な痒みと痛みに悩まされるでしょう。明るい場所が苦手で暗い場所ならどこでも生息していて物凄い繁殖力を持っており、たった数週間で100匹近くも繁殖させてしまう恐れがあります。非常に危険な害虫と言えるので把握しておくと良いですよ。

男性

シロアリ

多く人が聞いたことがあるシロアリも害虫となっています。基本的に木を主食とする昆虫で住宅の床下などに生息していることが多いです。人体には直接的な被害がありませんが、木造建築物の床下などで繁殖をし大事な住宅を食べ散らかしてしまいます。シロアリ被害に気付かずに放置していると、住宅に深刻なダメージが及ぼしてしまうので注意が必要でしょう。

住宅

被害が発生したら…

上記に記載されてある南京虫やシロアリの被害が発生してしまった場合は専門の業者に依頼することが重要です。南京虫の場合は身体に虫刺され跡が発生して痒みや痛みが出るので分かりやすいでしょう。シロアリの場合は住宅の異常や木材カス、糞の発見で被害が分かります。被害に合っているかもしれないと感じたら、今後の被害を抑えるためにも業者に任せて駆除しましょう。

散布機

早めに依頼の連絡をしよう

駆除の依頼はなるべく早めにすることがポイントです。害虫の特徴として高い繁殖力を持っているので、早急に駆除していかないとずっと繁殖を繰り返して大変なことになってしまいます。そのようなことを防ぐためにも、早めに依頼して完璧に駆除することが大事と言えます。なお、駆除業者の中には24時間365日受付対応しているところもあるのでチェックしてみましょう。

早期調査・駆除が重要!

南京虫やシロアリの被害を防ぐためにも早期調査と駆除がポイントになります。被害を放置せずに業者に連絡して迅速に対応してもらいましょう。また、実際に害虫の被害かどうかも分からない場合もまずは専門的な知識を持っている業者に相談してみることです。

害虫駆除は自分でも出来る?

駆除の知識と道具があれば自分で害虫駆除をすることも出来ますが、あまりおすすめしません。自分で対応する場合、あまり駆除することが出来ずに被害が広がる恐れがあるので注意しましょう。また、時間と労力がかかるので途中で諦めてしまうこともあります。なので、はじめからプロである業者にシロアリ駆除や南京虫駆除を依頼していくのが1番ですよ。

広告募集中