害獣駆除で被害を抑える~発生する被害を紹介~

害獣駆除で被害を抑える~発生する被害を紹介~

メンズ

経済的な被害

害獣の被害でも最も多いとされるのが建物の破損や農作物が荒らされるなどの経済的な被害です。建物の中や外であっても爪あとなどが目立って修復する必要があるでしょう。販売する農作物も少しでも傷が付いてしまえば商品にすることは出来ません。人に直接的な被害を与えなくても、害獣はこのような間接的な被害が目立ってしまいます。

作業員

衛生的な被害

その他にも害獣が排泄する糞尿も衛生的に良くないので被害を及ぼしてしまいます。悪臭を放つだけではなく、放たれるウイルスや細菌の影響で感染症などを発症してしまうリスクがあります。また、害獣に傷をつけられるだけでも人にとっては非常に危険な状態と言えます。このような被害を与えてしまう害獣は素人では対応するのは難しいので、害獣駆除の業者に任せて確実に駆除してもらいましょう。

よくみる害獣ランキング

困る人
no.1

ネズミ

害獣の中でもネズミはよく発生し、最近では都会でも多くの被害を出しています。建物の破損、騒音、糞尿被害などがあるので早急に害獣駆除をする必要があるでしょう。

no.2

アライグマ

可愛い見た目とは裏腹に成獣になると狂暴になってしまうのがアライグマです。雑食なので色々なものを食い散らかしてしまうので、ペットの被害もあります。学習能力が高いアライグマはプロに依頼して確実に駆除してもらうことです。

no.3

コウモリ

住宅に住み着いて甚大な被害を出してしまうのがコウモリの種類であるアブラコウモリになります。体長はわずか5センチほどしかなく非常に小柄なので換気口や屋根裏に住み着いてしまう恐れがあるでしょう。大量発生する可能性が高いので業者に依頼することです。

広告募集中